15分ライティング#9 ブロガーじゃなくて物書きでいいんじゃないか?って納得し始めています

スポンサーリンク

どーも!
もう二度とこたつから出たくないつくもです。

昨日の記事では多くの方が騙されちゃったみたいで
申し訳ないとおもいつつ、してやったりといった感じです(笑)
まだアンチがいない私のブログは平和なブコメでした(笑)

そういえばこの15分ライティングについて
言及してくださった方がおります。
mattunmama(id:mattunmamaさんです!

mattunmama.hatenablog.com

お褒め頂き恐縮です!
ある程度自分の中でストーリーとして出来上がっているものなら
思いつくまま書けるんじゃないかな~
と考えているんですけど
案外難しいものなんでしょうか?
ちなみに15分の中で全然書けなくて没になったのもいくつかあるんです。
そういうのは
頭の中ので描いてるストーリーがモヤッとしてたり
考えが固まりきってなくて揺れてるものでした。
そういうのは途中で手がとまっちゃって
中途半端にも終わらないんですよね。

だからもしも15分ライティング挑戦してみる人は
ある程度ストーリーが固定されていてあとは文章を書くだけ
っていうテーマでやってみたらいいかもしれません!
あと15分じゃなくても20分でも30分でもいいんじゃないかと!
時間と書く分量については自分とご相談の上
目安を決めるといいんじゃないかと思います。

これやり始めていろいろ良かったことがあるんですけど
例えば15分間を文章を書きあげることに
完全集中モードへと移行できたりとか。
ダラダラ考えたりっていうことはできませんからね(笑)
あとは失敗してもいい前提なのもいいことの一つかも。
これしばらく運用してそれなりの成果を出したら
本にしてAmazonで売ったりしてもいいのでは
とか思ったり(笑)
せっかくアカウントだけは作ってあるからnoteでもいいかな(笑)

そういえば以前
自分がブロガーって名乗っていいのか迷ってるみたいなことを書いたら
ブコメでいくつかご意見をうかがえました!
その中でもばく(id:baku1209さんが言っていた
「物書き」っていうのが
確かにしっくりくるかもって思いました。
ちなみにばくさんのブログもここに置いておきますね!

www.sake-neko.work

で、考えてみたらブログは手段として使ってるけど
そもそもやりたかったのは物書きでした!
歴史関係の研究じみたことをしながら
小説かいたり本を出したりするのが目標なので
そう考えるとやっぱり「物書き」がぴったりだなって。
ただなんか「物書き」って
なんかもうちょっとかっこいい表現の仕方はないのかなって
考え中です(笑)
ちなみに「ライター」って言うぐらいなら
「物書き」の方が個人的には好きです、
だって日本人だから(笑)

というわけで今回はこの辺で。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

f:id:tsukumoshigemura:20191124060740p:plain