信長の野望・創造 戦国立志伝で安田作兵衛プレイ#5

スポンサーリンク

安田作兵衛プレイシリーズ、前回から1か月弱ぶりぐらいです(笑)
ゲームプレイ日記だと動画みながら構成考えたり
画像切り抜いたりするのでまとまった時間とれないと
なかなか難しくて遅くなっちゃいました。
動画編集してYouTubeアップして
こちらへって
リンクだけ張った方が早いかもしれないと思い始めています(笑)
動画編集しばらくやってないから忘れちゃったんでまた勉強しようかな!

では今回のお品書きはこちらです。

ちなみに前回までのプレイ記事一覧はこちらになります。
まだ読んでないナンバーはこちらから!

tsukumogatari.hatenablog.com

 

1.前回までのおさらいをサラッと

前回は城主に昇格し安土城を手に入れた安田作兵衛が
南近江・伊賀・大和を領する蒲生氏郷家を滅亡させて
蒲生家の家臣たちもごっそり手に入れたところまででした。
結果、畿内を中心とした情勢は以下のようになりました。

f:id:tsukumoshigemura:20190818070336p:plain

次の狙い目としては織田家ですね!
他家は滅亡させればその家臣をごっそり登用することができるので
明智領を拡げると同時に家臣も増やしていくことで国力を高めて
強敵である秀吉・勝家・家康と対峙したいところです。

2.光秀さまの直臣から有能な家臣を譲っていただこう!

前回蒲生家滅亡と同時に蒲生家家臣を取り込みましたが
その一部は光秀さまの直臣として推挙しました。
そのおかげで発言力が増えたので、
何人かの優秀な光秀さま直臣を譲ってもらうことに。

まず一人目は黒衣の宰相で有名な以心崇伝(いしんすうでん)

f:id:tsukumoshigemura:20190818070444p:plain

現在の作兵衛プレイでは1592年
崇伝は、史実的には徳川家康の招きで幕政に参加したので
本当はもう少しあとの時代に活躍する人ですね。
政治力が高く、知略もそこそこあるため内政面で頑張ってもらいます。

続いては、1回配下に加えるのを見送った、安兵衛の奥さんのお父様
南光坊天海(なんこうぼうてんかい)です。

f:id:tsukumoshigemura:20190818070555p:plain

能力的には崇伝と似通っていますが知略は天海のが高めなので
内政メインにしつつ他家の武将を引き抜く調略にも力を発揮してもらいましょう。
そしてさらに3人目。

f:id:tsukumoshigemura:20190818070631p:plain

中川秀成(なかががひでなり)です。
羽柴秀吉側についた中川清秀の次男です。
親の清秀の方が、摂津の城を落とした際に家臣になって
息子の秀成がその後登場してきたのでしょう。
一部隊任せてもいいレベルの武将なので戦メインで使う予定です。

ちなみに天海上人を配下にした後ぐらいに柴田勝家がお亡くなりに。

f:id:tsukumoshigemura:20190818070733p:plain

後を継いだのは柴田某ではなく、なぜか前田利家でした。
勝家の養子や血縁者はあんまり強くないので継いでもらった方が
ちょっと弱体化してよかったのに・・・(笑)

3.調略でも武将をたくさん引き抜き!

前回から密談を持ち掛けて有能な家臣を引き継ごうとしていましたが
そういった密談によって家臣になった武将も何人かいるので
ここでまとめて紹介していきます。

まずは一人目、稲葉正成(いなばまさしげ)

f:id:tsukumoshigemura:20190818070823p:plain

主家を見限るから家臣に取り立ててくれとのお願いです。
もちろん取り立てることに!
知略90超えの上に他の能力も平均70ぐらいと超優秀!
調略メインですが内政から軍事まですべてを任せようと思っています。

2人目は江口正吉(えぐちまさよし)
こちらは密談によって叛心がMAXの100に到達し、
引き抜ける状態になったので引き抜いてやりました!

f:id:tsukumoshigemura:20190818071120p:plain
江口正吉は前回も紹介しましたが、小説「うつろ屋軍師」の主人公にもなった
丹羽家の軍師的立場の武将ですね。
ちなみに「うつろ屋軍師」、
読んだことなかったので読んでみましたが面白かった!
偉大な父を継いだ2代目丹羽長重
家老として丹羽家を支える江口正吉が中心となって
123万石の大大名だった丹羽家が落ちて
また這い上がっていく過程はなかなか読み応えがありました。
まだ読んでいない方は是非読んでみてください!

うつろ屋軍師 (祥伝社文庫)

うつろ屋軍師 (祥伝社文庫)

 
うつろ屋軍師

うつろ屋軍師

 

続いて3人目。
永原松雲(ながはらしょううん)
主家を見限って安田家に来てくれました!

f:id:tsukumoshigemura:20190818071526p:plain

この永原松雲は、江口正吉と同様に丹羽家の家臣で有能な武将だったのですが
北陸の関ケ原と言われる、浅井畷の戦い(あさいなわてのたたかい)
敵陣に深入りしてピンチになった江口正吉を見捨てようとした人物です。
結果的南部無右衛門(なんぶぶえもん)の助けもあって
江口正吉は助かるのですが、
永原松雲は見捨てようとしたことにで落ち目に。
結果論で見ちゃうのはちょっと可哀そうな気もしますけどね。

そして最後の4人目は、中坊秀祐(なかのぼうひですけ)

f:id:tsukumoshigemura:20190818072018p:plain
政治力と知略が70を超えるのと
「離間」という敵を同士討ちにさせる戦法を持っているため
内政及び部隊の副将として活躍してもらうために引き抜きました。

と、こんな感じでなんやかんやと安田作兵衛家臣団は強固になり、
一部の家臣たちには役職も与えましたよ!

f:id:tsukumoshigemura:20190818072121p:plain
家宰:設定不可
奉行:以心崇伝
母衣衆:稲葉正成、中川秀成、柳生宗矩
馬廻衆江口正吉、山口弘定
旗本:未設定
小姓:南光坊

小姓が自分の奥さんって普通じゃあり得ないことができるのがゲームの世界!(笑)
旗本はちょっとまだ決めかねています。
もう少し武将が増えてから決める予定です。
家宰は家臣が20人になると設定できます。
できるようになったら南光坊天海を家宰にする予定です。
家宰の政治力によって制作費用が割り引かれるので
現状一番政治力が高いのは天海上人なので適任かと。

 

4.まとめと次回予告

今回は多くの有能な家臣を安田作兵衛家臣団に引き入れたところまでで!
これだけで結構長くなってしまったんで、明日続き分を公開予定です。
続き分は、内政面のお話と元々光秀さまに命令されていた
長野城攻略戦のお話です。
長野城攻略戦では危うく大惨事が(笑)
乞うご期待!

今回の記事を読んで、信長の野望・創造 戦国立志伝に興味を持った方は
是非購入して遊んでみてくださいね。
そして私と戦国時代について語り合いましょう!

では今回はこの辺りで。
最後まで読んでいただきありがとうございました!