戦国武将

豊臣秀吉の同級生集めていろいろランキング ー1537年世代ー

戦国時代の人物で同級生ランキング3回目。 今回は豊臣秀吉の同級生を集めて 勝手にランキングしちゃいました。 過去のを見てると気づくかもしれませんが なるべく全員をランクインさせてあげたいので 数値根拠の薄いランキングは かなりの偏見の塊だと思って…

前田利家の同級生集めていろいろランキング ー1539年世代ー

少し前に伊達政宗の同級生を集めて 勝手にランキングで遊ぶ記事を書いたんですが tsukumogatari.hatenablog.com 個人的にこれ結構楽しいなと思った結果 シリーズ化していくことにしました。 第2弾となる今回は前田利家の同級生で 勝手にランキングです。 前…

伊達政宗の同級生集めていろいろランキング ー1567年世代ー

コロナ禍の影響で「麒麟がくる」は 放送休止中ですが、その代わりに 戦国大河ドラマ名場面スペシャルを放送中。 その第1弾は「独眼竜政宗」でした。 その伊達政宗の同級生たちを 皆さんはどれぐらいご存知ですか? 今回は伊達政宗の同級生たちを集めて いろ…

歴史人物語り#106 海道一の弓取り・今川義元と黒衣の宰相・太原雪斎

今川義元も太原雪斎も大河ドラマではわりとお馴染みですよね。特に今川義元は歴史通ではなくても桶狭間の戦いで織田信長に敗れたことで知ってる方も多いかと。あまりこれぐらい有名な人物は歴史人物語りで取り上げることはしないんですけど2020年のNHK大河ド…

歴史人物語り#105 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台は1547年から。その年に日本で起きた出来事と世界の勢力図は?

いよいよ明日1月19日20時から明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」スタートです!「麒麟がくる」の公式サイトも2019年12月15日から徐々に更新されていって最近だと「麒麟がくる」の時代考証を担当されている小和田哲男先生のインタビュー記事が載って…

歴史人物語り#104 「麒麟がくる」の斎藤道三はカッコよすぎでは!?織田信長や明智光秀とはどんな関係?明智光秀とは本当に縁が深かった!?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」放送開始まで遂に後1週間を切りました!大河ドラマでここまでワクワクしながら放送開始を待っているのは初めてだったりします。たぶんブログ書いてることが大いに影響してるんですが半生に謎の多い明智光秀だからこそていうとこ…

歴史人物語り#103 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」放送開始前特集 ~放送開始前に予習しておきたい編~【まとめ記事】

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」も放送開始まで1か月切ったということもあって私が書いた「麒麟がくる」の記事と明智光秀に関連する人物たちの記事をまとめてみました。 「麒麟がくる」に登場するかどうかは微妙な武将たちもいますがそれはそれとして予備知識…

歴史人物語り#102 NHK大河ドラマの主人公に取り上げてほしいシリーズ第2弾は三好長慶、鍋島直茂、北条氏康、そして戦国武将総選挙をぶっ壊す(笑)

今回はNHK大河ドラマの主人公に取り上げてほしいシリーズ第2弾です。ちなみに以前投稿した第1弾の記事はこちらです。 tsukumogatari.hatenablog.com 第2弾はもうしばらく後でもいいかなと思ってたんですが先日某テレビ番組でやってた戦国武将総選挙の結果…

歴史人物語り#101 明智光秀AIとの戦いと「麒麟がくる」の謎

「麒麟がくる」の公式サイトやTwitterでキャストビジュアルが日々公開されています。これ見てるだけでもワクワクしてきちゃうのは私だけでしょうか?今公開されてる中では細川藤孝のビジュアルが一番お気に入りですね! NHK「麒麟がくる」公式サイトより キ…

歴史人物語り#100 「麒麟がくる」の主人公・明智光秀を戦国時代から召喚して質問攻めにする回です

今回はNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主役である明智光秀さまを特別ゲストとしてお迎えし前半はトーク形式でお送りします。 光秀さまは気さくになんでも答えてくださるのでちょっと答えずらいかもしれないと思いつつも気になるあの質問も聞いてみましたよ。 …

歴史人物語り#99 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤のストーリーやキャストについて大雑把に語りましょうの回

2019年12月15日から「麒麟がくる」の公式サイトが徐々にアップデートされていますね! www.nhk.or.jp メインビジュアルや人物相関図も公開されキャストビジュアルも徐々に公開されていく模様。今回は人物相関図が公開されたということもあって「麒麟がくる」…

歴史人物語り#98 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀の出身地はどこが正解だと思いますか?そんなことを考えながら出身地説の場所を巡るのも楽しそう

前回投稿しましたこちらの記事、 tsukumogatari.hatenablog.com 私が明智光秀を知るきっかけの話からNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の「麒麟」について言及してみたんですが大変有難いことにとっても多くの方に読んで頂いてるみたいです。今回も「麒麟がくる」…

歴史人物語り#97 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の「麒麟」ってなんだろう?明智光秀は麒麟ですか?

放送開始まであと1か月ちょっととなったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」、楽しみな方もそうでもない方もいらっしゃることでしょう(笑) ゲームの信長の野望シリーズがきっかけで戦国時代の武将に興味を持つようになった私としてはこの時代が舞台の創作物は何でも…

歴史人物語り#96 NHK大河ドラマの主人公に取り上げてほしいシリーズ第1弾は竹中半兵衛、松永久秀、真田信之、おまけで小田氏治(笑)

今回はいつもの歴史人物語りとはちょっと趣向を変えてNHK大河ドラマで主人公に取り上げてほしい戦国時代の人物たちです。 第一弾の今回は竹中半兵衛(たけなかはんべえ)、松永久秀(まつながひさひで)、真田信之(さなだのぶゆき)、の3名に加えて番外編…

歴史人物語り#95 梟雄・松永久秀の弟、松永長頼は兄より先に三好家中で出世を果たしたにも関わらず、早めに戦死したせいか兄の陰に隠れがち

今回は戦国時代の梟雄として名高い松永久秀の弟、松永長頼(まつながながより)です。松永久秀の方が後世は有名になっちゃったけど実は久秀が三好家中でのしあがれたのってこの弟・長頼のおかげだとも言われてたりします。「麒麟がくる」では残念ながら出て…

歴史人物語り#94 三好三人衆の一人、岩成友通は三好一族出身ではなかったけれど三好長慶に重用されて頭角を現す

今回は三好三人衆の一人、岩成友通(いわなりともみち)。出自がよくわかっていない人ですが三好一族ではないと言われています。それでも三人衆に名を連ねているあたりからして三好家中でも一定の勢力を有する武将だったことは間違いないでしょう。「麒麟が…

歴史人物語り#93 三好家の長老的存在であり、『日本の副王』三好長慶の副官として信任の厚かった三好長逸

今回は三好三人衆の一人であり三好長慶の副官とも言われる三好長逸(みよしながやす)。三好長慶が亡くなった後も三好一族の長老として三好氏を引っ張った存在なのですがあんまりその辺りが表立っていない印象です。「麒麟がくる」では足利義輝を葬った三好…

歴史人物語り#92 三好三人衆の一人で真田十勇士のモデルといえば三好政康だけど、本当の名前は三好政勝!三好政康なんて存在しなかった

今回は三好宗渭(みよしそうい)。信長の野望シリーズやってる方だと宗渭は三好政康(みよしまさやす)の名で覚えているかもしれません。ただ次回の信長の野望シリーズは名前が変わるかも。「麒麟がくる」にも登場するのではないでしょうか。 www6.nhk.or.jp…

歴史人物語り#91 「麒麟がくる」では明智光秀を苦しめる敵役として登場!?甲賀組を率いた山岡景友は徳川家康に重用されて大名にまで出世します

今回は山岡景友(やまおかかげとも)。近江の有力豪族山岡氏の出身で後に号した「道阿弥(どうあみ)」の名が有名かも。「麒麟がくる」に出てくる可能性は高いと思い込んでいます(笑) www6.nhk.or.jp 1.山岡景友(やまおかかげとも)とは 1.1.織田家…

歴史人物語り#90 江南の旗頭の山岡兄弟、景隆・景佐・景猶は明智光秀の畿内掌握を遅らせた張本人か?もう一人の弟・景友は次回です

今回は元は六角家臣ですが信長に仕えて以降は信長の臣として忠義を尽くした山岡一族の山岡景隆(やまおかかげたか)、山岡景佐(やまおかかげすけ)、山岡景猶(やまおかかげなお)です。山岡道阿弥(やまおかどうあみ)はいないの?って思った方は戦国武将…

歴史人物語り#89 元は六角家臣の山崎片家、本能寺の変後は一時明智光秀に属したことも。秀吉の代で大名となり、その後を継いだ子の家盛、孫の家治も天下人からの評価は高かった

今回は山崎片家(やまさきかたいえ)から始まり山崎家盛(やまさきいえもり)、山崎家治(やまさきいえはる)、と代を重ねるごとに大身へと出世していった近江山崎氏について。山崎片家は本能寺の変後、明智光秀に降伏していますので「麒麟がくる」でも登場…

歴史人物語り#88 六角氏を早々に見限って織田信長についた池田景雄と池田秀氏、明智光秀軍として山崎の戦いに参戦したけど後には豊臣秀吉の元で出世することに

今回は六角氏を観音寺騒動で見切りをつけた池田景雄(いけだかげかつ)とその子・池田秀氏(いけだひでうじ)です。本能寺の変後は明智光秀に降っているため「麒麟がくる」でも登場はあるか!? www6.nhk.or.jp 1.池田景雄(いけだかげかつ)とは 2.池田…

歴史人物語り#87 六角氏異聞シナリオを作って遊んでみたい、対外的にも影響力が強かった六角氏正統の嫡流・六角義実、義秀、義郷

戦国時代の六角氏といえば楽市楽座の先駆者でもある六角定頼の系譜、六角義賢・義治が有名ですが、実は嫡流ではありません。本来は六角定頼の兄である六角氏綱の系譜が嫡流です。今回はその氏綱の子孫である六角義実(ろっかくよしざね)、六角義秀(ろっか…

歴史人物語り#86 甲賀五十三家の三雲氏は瓶割り柴田の由来にちょっと絡んでいたり六角六宿老でもあり猿飛佐助のモデルの人もいたりで意外とネタが豊富

今回は六角氏の重臣であり甲賀五十三家の一つでもある三雲氏。三雲定持(みくもさだもち)とその嫡男三雲賢持(みくもかたもち)そして次男の三雲成持(みくもしげもち)、この3人が中心です。「麒麟がくる」での登場は流石にないかぁ。 www6.nhk.or.jp 1…

歴史人物語り#85 六角家臣でありながら織田信長びいきの小倉実房と、その妻説もある織田信長の側室・お鍋の方はフィギュアスケート選手だった織田信成の先祖!?

今回は六角家臣で蒲生氏とも縁の深い小倉氏の庶流、小倉東家の小倉実房(おぐらさねふさ)、そしてのその妻、お鍋の方(おなべのかた)。於鍋の方は後に織田信長の側室となった人ですね。「麒麟がくる」にはお鍋の方はもしかしたら登場するかも? www6.nhk.o…

歴史人物語り#84 六角六宿老の一人・目賀田綱清、その居城の場所に建てられたのが安土城、そして子孫は8代将軍・徳川吉宗の旗本にまで出世します

今回は六角重臣の目賀田氏について。六角六宿老に数えられる目賀田綱清(めがたつなきよ)から続いて目賀田忠朝(めがたただとも)、目賀田貞政(めがたさだまさ)、目賀田堅綱(めがたかたつな)、目賀田堅政(めがたかたまさ)、さらにはその子孫の話まで…

歴史人物語り#83 六角六宿老であり浅井長政の舅殿でもあった平井定武、そしてその孫説もある浅井万福丸は浅井長政の嫡男だったがために処刑されてしまう

今回は六角氏重臣であり六角六宿老にも数えられる平井定武(ひらいさだたけ)とその孫であり浅井長政の嫡男と言われている浅井万福丸(あざいまんぷくまる)です。「麒麟がくる」には出てこないかなぁ。しばらくずっと出てこなさそうな人ばっかりだけど(笑) …

歴史人物語り#82 主君に誅殺された「六角氏の両藤」の一人、後藤賢豊と父の仇を居城から追い出した後藤高治

今回は六角氏重臣の後藤賢豊(ごとうかたとよ)とその子・後藤高治(ごとうたかはる)。六角家中でも「六角氏の両藤」と称された後藤氏です。「麒麟がくる」には光秀に味方した後藤高治の方は出てきたりするかも!? www6.nhk.or.jp では今回のお品書きはこ…

歴史人物語り#81 「六角氏の両藤」「六角六宿老」と称された進藤貞治と進藤賢盛は信長の野望シリーズだと二人の能力差が激しすぎ

今回は六角氏家臣で「六角氏の両藤」とも呼ばれた進藤貞治(しんどうさだはる)とその子とも言われる進藤賢盛(しんどうかたもり)です。「麒麟がくる」に登場する可能性は低いですが二人とも六角氏を支えた重臣なのです。 www6.nhk.or.jp では今回のお品書…

歴史人物語り#80 南近江の六角氏を支えた蒲生定秀の3人の息子、蒲生賢秀、青地茂綱、小倉実隆は名将・蒲生氏郷の影に隠れがち

歴史人物語り第80回目は 第79回で登場した蒲生定秀(がもうさだひで)の子供たち。 tsukumogatari.hatenablog.com 嫡男の蒲生賢秀(がもうかたひで)、 次男の青地茂綱(あおちしげつな)、 そして三男の小倉実隆(おぐらさねたか)です。 「麒麟がくる」で…